こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

通所リハ「LIFE PACE」では毎回さまざまなプログラムを行っていますが、春〜夏の時期に力を入れているのが園芸です。

力を入れているとはいっても素人集団(笑)。

実際は気楽に、肩の力を抜いてやっております。

 

5月に土作りから皆で行い、種や苗を植えました。

そしてデイケアのある日は利用者の皆さんが、ない日はスタッフが順番に水やりをしつつ、成長を見守っているところです。

場所は今年も梶原診療所の屋上。広い空が望めて解放感があり、気持ちのいい空間です♪

メインの大きな鉢には、去年に引き続きミニトマトにパプリカ、そして初の試み、枝豆を植えました。

3週間もしないうちにもうこんなに育っています。

利用者さんに教えられて、トマトのわき芽をかく作業。

小さなわき芽を指でつまんで摘み取っていきます。

こちらに植えたのはなんでしょね?

順次、紹介していきますね(^^♪

こっちの鉢にも枝豆。そして隣には葉物の野菜。

これももう少し成長したらご紹介します!

ここにはお花と、バジルやレモングラスなどのハーブを少しずつ植えました。

夏日が続いていたのでたっぷり水をかけて。

 

丈夫にすくすく、美味しく(これが大事)育ってくれますように!

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

5月、通所リハ「LIFE PACE」では、毎年恒例のコラージュ制作を行いました。

今回はその時の様子をご紹介します。

 

コラージュとは、雑誌などから写真や絵、文字などを切り抜き、台紙に好きなように配置して作品を作ることで、アートセラピーの1つでもあります。

絵を描くのは苦手…という人は多いですが、既にある写真や絵などを使用するコラージュであれば、抵抗感なく実施でき、クリエイティブな表現も可能です。

 

さて、まずは素材選びから。

猫はいつも大人気アイテム。

ほかにも、風景や食べ物、インテリア、人物、ファッションなどなど、スタッフが事前に用意したたくさんの切り抜きのなかから、気に入ったものを何点か選び・・・

それらをさらに好きな大きさに切ったり、組み合わせたりしながら、台紙に貼り付けていきます。

すぐにテーマを決めて、あっという間に作業が進む方もいれば・・・

どの写真を選ぶか、最後の最後まで悩んだり、何度も配置を変えて、しっくりくるまで吟味したりする方も。

そして、たっぷり時間をかけ、唯一無二の作品が完成しました。

完成後は、お一人ずつ作品について思い思いにお話をしていただきました。

多くの方は、まず初めに目にとまった写真があって、それを中心に他の素材を選ばれたようです。

好きなものや、夢や憧れ、さまざまな思いが作品に込められていました。

火曜日の皆さんの作品。

文字の選び方も絶妙です。

自ら吹き出しを入れて、ユニークなストーリー仕立てにしてくださったものもありました。

木曜日の皆さんの作品。

この日は見学にいらした学生さんや研修医の先生も参加してくださいました。

 

作品はデイケア室にしばらく飾っていますので、どうぞ皆さん、見に来てくださいね♪

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月11日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

 

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

新緑の美しい季節ですね。

そして荒川都電沿線のバラも色とりどりに美しく目を楽しませてくれています。

春もそろそろ終わりを告げ、初夏の陽射しに取って代わりつつある今日この頃ですが、令和になってもうまるまる1ヶ月以上経ったような気になっているのは私だけでしょうか?

慣れ、ってすごいですね。「令和元年」もしくは「R1」と何度も書いていると、もうすっかり違和感がなくなっています。

 

先月「令和」に決まった後、通所リハ「LIFE PACE」では元号を使った即席のゲームをして遊びました。

テーブルに並べたこれらの漢字。そう、組み合わせると元号になります。(ただし、1つエラーが混じっていますね。)

ただ組み合わせるんじゃありません。裏返して、神経衰弱を行いました。

優勝者! しかも見事につながっている・・・

もっと前が「明治」。ここまでは誰でも知っています。

明治の前は「慶応」だそう。知ってましたか? たった4年間だったとのこと。

そして、新元号「令和」。4月のこのときは非常に新鮮な響きでした。

その「令和」も始動し、はや3週間。

 

GW明けの令和のデイケアは、土づくりからスタートしました。

今年も梶原診療所の屋上庭園で園芸活動を行います。

令和元年は何を育てましょうか?

土が出来上がったら、いよいよ園芸も本格始動です。

また随時、ご報告させていただきますね!

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

今回は11日(土)午前10時〜12時に開催いたします「認知症はじめて講座」のご案内です。

 

当講座では、最近ご家族が認知症の診断を受けた介護者の方などを対象に、特に認知症初期にスポットライトを当て、疾患別の特徴や経過、行動・心理症状、介護保険の正しい知識や利用できるサービス、進行予防などについてお伝えしていきます。

 

認知症は誰にでも起こり得る、ごくありふれた身近な病気です。

とはいえ、まだまだ誤解があったり、先入観が邪魔をしたりして、診断を受けた不安や戸惑いには計り知れないものがあるでしょう。

そうした不安や戸惑いを軽減するためには、正しい理解が不可欠です。

また、介護するご家族が正しい理解を得ることは、ご本人の症状の緩和や、進行予防にもつながります。

 

「認知症はじめて講座」は3か月に1回、全てほぼ同一の内容で開催しております。

土曜日の開催は5月のみとなっておりますので、お仕事などの関係で平日の参加は難しい…という方は、ぜひこの回に足をお運びください。

以前参加された方の再参加ももちろん可能ですし、皆で一緒に認知症を学ぶ場として、この「はじめて講座」をぜひご活用いただければと思います。

 

予約制となっておりますので、ご興味のある方はいつでも当院までお気軽にご連絡ください。

参加費は無料です。

皆さまのご参加をお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

例年よりも少し長めに楽しめた今年の桜でしたが、気温が上がったり下がったり、まさに三寒四温のなかでのお花見シーズンでしたね。

皆さんは、平成最後の桜を、どこで、どなたと、ご覧になりましたか?

 

通所リハ「LIFE PACE」では、2度のお花見お散歩の機会がありましたが、そのどちらも、お天気に恵まれました!

今回は今月2日の外出プログラムの様子をご報告します。

 

春の陽気がそうさせたのか、子ども心に帰って、目的地の公園に着くなり、桜よりも遊具に夢中になる人、続出!(笑)

高さのある遊具に、躊躇せずスルスルとよじ登る方も!

皆の心配をよそに、あっという間にてっぺんまで登って、この余裕の笑顔!

今度はスタッフが遊具に登って、皆さんを撮影。

桜に負けない晴れやかな笑顔で手を振り返してくださった、火曜日デイの皆さん♪

しばし思い思いに桜を楽しみ、そこかしこで笑顔がこぼれました。

春を告げる花は桜ばかりではありません。

最近では目にすることがかなり減ってきたような気がしますが、木の根元に、タンポポがひっそりと咲いていました。

こんなところにもありました! 小さな春♪

 

この日はデイケア室に帰ってから、天気は下り坂となり、お昼過ぎにはパラパラと雨も降りました。

そんなことが嘘のようによく晴れた青空のもとでのお花見でしたね!

日頃の皆さんの行いがよいのでしょう(笑)

この少し前に筆者がお花見に出かけようとした日は非常に寒い曇天でした(>_<)

皆さんにあやかりたいです・・・

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

昨日、新元号の発表があり、今日はその「令和」にまつわる話題で賑わいましたね。

最初こそ耳慣れない感じはありましたが、美しい響きのことばで、次第に馴染んできています。

皆さんはどんな感想をお持ちでしょうか?

 

さて、今月はあらゆることに「平成最後の」とつけてしみじみとしてしまいそうですが、まさに平成最後の(大げさ?)”介護者ほっとステーション”を来週9日(火)午後2時より開催いたします。

 

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

 

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

21日、東京で待ちに待った桜の開花宣言がありました。

日本列島が最も美しく彩られる季節の到来ですね!

 

通所リハ「LIFE PACE」では、見頃となった昨日28日、皆で近所の公園までお花見に出かけました。

曇りがちだったお天気も公園に着く頃には気持ちよく晴れて、まさにお花見日和。

日当たりのよいところの木はほぼ満開でした。

青空に薄ピンクが映えます。

幹から直接咲いたような花に、「あらあ、かわいいわねぇ」。

公園内をぐるりと周って、陽射しを浴び、風を感じながら、花を見上げたり、幹に触れたり。

皆さん口を揃えて言うには、「一人だとなかなかこうして出る気にならないのよ」。

分かります。ほんの少しでも、背中を押してくれる手や機会がないと、外出って難しいですよね。

遊具に登ったスタッフに、皆が手を振ってくれました♪

笑顔がこぼれます。

残念ながら団子はなかったけれど、チョコレートを皆でつまみ、お茶をしてから帰途へ。

さて帰り道、テントウムシと遭遇!

背中の黒紋を数えると・・・「ナナホシテントウ」ですね。

こんなところにも春の訪れを感じました。

 

次の火曜日にもお花見を予定しています。晴れますように!

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月12日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

 

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

気温がせわしく上がったり下がったり、真冬日もあれば、春を飛び越して初夏の陽気のような日もあった2月。体調崩されたりしていませんか?

 

この2月、通所リハ「LIFE PACE」では季節にちなんだプログラムが目白押しでした。

まずは節分。鬼退治のためのボール作りは新聞紙をぎゅっと丸めて花紙で包んで。

皆さん、おにぎりを作る要領で手慣れたもの。

うお〜と突如現れた青鬼に「鬼は外!」

本当は鬼の提げた箱にボールを入れる対抗戦ですが、皆さん鬼に当てるのに必死!

鬼の去った後は玉入れも。真剣に遊んでます♪

鬼の正体は誰も知らず・・・というより特に誰も気にしませんでした(笑)

バレンタインデーにはチョコレートフォンデュを。

マシュマロやバナナなどにとろりと溶かしたチョコレートをつけて♡

コーヒーを飲みながらおしゃべりして、甘く楽しい時間を過ごしました♪

そして今週はひな人形作り。

好きな柄の半襟や着物を選んで・・・

三人官女? かわいい女雛と男雛ができてにっこり♪

最後は自由にお顔も入れて、完成です。

 

回想法でもそれぞれのテーマでたくさんの思い出を語り合いましたね♪

見学にいらした研修医の先生や医師を目指す学生さんとの交流もたくさんありました。

3月も楽しいプログラムをたくさん用意して皆さんのお越しをお待ちしております!


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    OHCスタッフ
  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    tsubame4126

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM