こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月12日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで第2火曜日の午後に開催しております。

 

いつも初めに30分程度のミニ学習会を行っておりますが、今回のテーマは「お口の健康と口腔ケア」。

お口の健康が体全体の健康に関わっていることが最近の免疫学の進歩により、より詳しく分かってきました。歯や口腔内の衛生と、老化・認知症との関連性などについて、講師を招いてお話していただきます。

 

これまで参加されている方はもちろん、初めての方もどうぞお気軽にお越しください。

お問い合わせも気軽にどうぞ。

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今週の通所リハ「LIFE PACE」では、去年に引き続き、コラージュ制作を行いました。

コラージュとは、フランス語で「糊付け」や「貼り付け」を意味することば。転じて、さまざまな素材(雑誌や新聞の切り抜き、写真、折り紙、布切れなどなど…)を組み合わせて貼り付け、作品を造形する技法のことでもあります。

絵を描くことに苦手意識を持つ方は多いのですが、コラージュであれば抵抗感なく実施でき、クリエイティブな表現も可能。認知症への非薬物療法、アートセラピーの1つでもあります。

 

今回は、主に雑誌からの切り抜きを使って、台紙に好きなように配置。テーマは決めても決めなくてもかまいません。

まずは、素材選びからです。

風景、食べ物、動物、インテリア、ファッション、人物などなど、ジャンルごとにたくさんの切り抜きを用意しました。

さらに好きな大きさに切ったり、配置を考えたりしながら、台紙に貼っていきます。

貼り方にも、個性が表れますね(^^)

猫は大人気アイテム♪ こんなユニークな切り貼りも! 時間をかけた力作です。

タイトルを入れてくださった方もいらっしゃいました。

これは真っ先に目にとまった赤ちゃんと、老夫婦の写真から、テーマが決まったそうです。

制作後はお一人ずつ、作品について発表していただきました。

たくさん選んだものの中から、さらに吟味に吟味を重ねてできたのがこれ!

この山の頂は富士山だそうです。作品のタイトルは・・・

「猫(ニャン)ちゃんも登りたい」!!

なるほど、上目づかいの猫は山を見ていたのですね♪

そして同じように山を見上げている親ダヌキは、作者に似ているという感想もチラホラ・・・。

 

こんなふうに1つずつご紹介したいところではありますが・・・

こちらが火曜日の皆さんの作品。

そしてこちらが木曜日の皆さんの作品です。

1つ1つに夢や憧れ、さまざまな思いが込められていました。

続きはデイケア室にて。いつでも見に来てくださいね♪

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

暑い日が続きますね。

春から初夏へという、うつろいの季節をもっと楽しみたいものですが、いきなり夏が来てしまったかのような毎日です。
さて、季節感を楽しむという意味でも、通所リハ「LIFE PACE」では毎年園芸活動を行っておりますが、今年度もいよいよスタートを切りました!
まず、4月末〜5月頭にかけて、近くのホームセンターへ野菜や花の苗を下見に。
買い物好きな女性の皆さんは、ついつい手に取り、「これ、買っていくわ」。
「ごめんなさい! 今日は見るだけです(>_<)」。
でも、色とりどりの草花、見るだけでもいい気晴らしになりましたね♪
そしてゴールデンウィーク明けに、植え付けや種まきを実施。
大きな畑というわけではないので、作業はあっという間ではありますが、皆さんで作業を分担しながら、1つ1つ丁寧に植え付けを行いました。
今年度選ばれし野菜たちは、右からミニトマト、ナス、フルーツパプリカです。
苗を植えて1週間後にはもう小さなトマトの実が!
こちらは種からまいた絹さやです。びっくりするほどあっという間に芽が出ました。
去年植えた花々は、いつの間にか勝手にこんなに伸び放題(笑)
こちらは梶原診療所の屋上で毎年目を楽しませてくれるマツバギク。
いっせいに花を咲かせて、春だなあと思わせてくれます♪
野菜たちも、これからどんな成長をみせてくれるか、とっても楽しみですね!

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

今回は5月12日(土)午前10時より開催いたします「認知症はじめて講座」のご案内です。

 

当講座では、最近ご家族が認知症の診断を受けた介護者の方などを対象に、特に認知症初期にスポットライトを当て、疾患別の特徴や経過、行動・心理症状、介護保険の正しい知識や利用できるサービス、進行予防などについてお伝えしていきます。

 

認知症は誰にでも起こり得る、ごくありふれた身近な病気です。

とはいえ、まだまだ誤解があったり、先入観が邪魔をしたりして、診断を受けた不安や戸惑いには計り知れないものがあるでしょう。

そうした不安や戸惑いを軽減するためには、正しい理解が不可欠です。

また、介護するご家族が正しい理解を得ることは、ご本人の症状の緩和や、進行予防にもつながります。

 

「認知症はじめて講座」は3か月に1回、全てほぼ同一の内容で開催しております。

ご都合のよい日を選んでいらしていただければと思いますが、土曜日の開催は5月のみとなっておりますので、お仕事をしながら介護されていて平日の参加は難しい…という方は、ぜひこの回に足をお運びください。

 

認知症についての理解は、一度聞いたからもう分かった、というものではなく、何度か繰り返し学ぶことで、また新たな気づきがあるかもしれません。

以前参加された方の再参加ももちろん可能ですし、皆で一緒に認知症を学ぶ場として、この「はじめて講座」をぜひご活用いただければと思います。

 

5月12日(土)の午前10時〜12時、参加費は無料です。

予約制となっておりますので、ご興味のある方はいつでも当院までお気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

日によって気温差はありますが、外へ出かけるにはいい季節ですね。

通所リハ「LIFE PACE」でも、この4月は2度の外出の機会がありました。

 

第1週には近所の公園まで皆でお散歩。

今年は開花が早かったので、すでに葉桜になっていましたが、桜の木の下でお茶を飲みながら休憩。

幹から直接咲いたような、こんな可愛らしい桜が、目を楽しませてくれました。

ときより吹く風に花びらが舞って、お茶の中にも。

私のお茶にも入らないかな。待っているとなかなか来ないものです・・・。

火曜日はお天気がよく、少し汗ばむくらいでしたね。

皆さん帽子がよくお似合いです♪

木曜には一転、気温が下がり、肌寒く感じる一日でした。

 

第3週の外出は今年初めての梶原診療所の屋上へ。

今年度の園芸活動開始に先がけて、花壇の様子を見に行きました。

この週は火曜日が肌寒い一日で、空にも重たい雲が・・・。

それでも屋上へ出た瞬間から、皆さんの表情はぱっと晴れやかになり、景色を眺めながらの会話も弾みます。

この日は花壇の雑草や枯草を抜く作業を行いました。

さて、木曜日はというと・・・

またまた一転、今度は夏のような陽射しの一日となりました。

それでもときよりいい風も吹いて、あちこちから「気持ちいいね〜」の声が飛び交いました。

初めての屋上に、感動されていたお2人。草の間に何か見つけたかな?

この日は腐葉土を天日に干す作業を。

木曜日は男性が多いので力仕事もスムーズに進みます。

女性のお1人は、花壇の草木や花を摘んで、デイケア室で生けてくださいました。

ひそかに成長していた、たくましい植物たちです。

たくましい、と言えば、こんな花も・・・

なんと、コンクリートの間に、こんな可憐な花がぽつりと咲いていました。

わずかな隙間に根を張り、ひそかに成長していたんですね。

みんなに見られて、褒められて、ちょっと恥ずかしかったかな?

 

こんなふうに、外へ出ると、デイケア室だけでは味わえない、いろんな発見や感動があります。

それを仲間とともに体験できるのがまたいいですね♪

楽しい時間をありがとうございました(^^)

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月17日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで第2火曜日の午後に開催しておりますが、今月は都合により第3火曜日へ変更となりました。ちらしでご案内しておりました10日ではありませんので、ご注意願います。大変申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

さて、いつも初めに30分程度のミニ学習会を行っておりますが、今回のテーマは「認知症の進行予防について」です。

進行予防にはどんなことがよいとされているのか、いくつかご紹介した後は、非薬物療法の1つである、「回想法」の体験をしていただきます。回想法は認知症だけでなく、高齢者のうつ予防などにも効果があるとされる心理療法です。ぜひご一緒に、子ども時代の思い出などを振り返ってみませんか?

 

これまで参加されている方はもちろん、初めての方もどうぞお気軽にお越しください。

お問い合わせも気軽にどうぞ。

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

※4月は都合により10日でなく17日の開催へ変更となります。大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

  • 2018.03.29 Thursday

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

東京は桜が満開ですね。

春を通り越し、初夏のような日もありましたが、絶好のお花見日和が続いています。

皆さんはどちらかお出かけになられましたか?

 

今週の通所リハ「LIFE PACE」でも、数々の名所に負けないくらい、満開の桜を咲かせました。今回は共同の壁画作成の模様をお伝えします。

まずは土台となる桜の木を作り・・・

そこへ、小さく切った花紙を使って、桜の花を咲かせていきます。

初めスタッフが見本として基本の折り方をお伝えしましたが、それにこだわることなく、自己流のアレンジを加えられる方も多かったですね♪

「桜」にちなんだ曲をBGMに、時折口ずさみながら、リラックスしつつ、皆さんとてもよく集中されていました。

完成したのがこちらです!

火曜日の作品と、

木曜日の作品。

オレンジほっとクリニックのデイケア室と、梶原診療所の外来待合室にそれぞれ飾ってありますので、目にしていただけましたら嬉しいです。

こんなお花見もいかがでしょうか?

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

3月3日は桃の節句、ひな祭りでしたね。

その日を直前に控えた2月末〜3月頭の通所リハ「LIFE PACE」では、紙と布を使ったひな人形作りをしました。今日はそのご紹介です。

まずはたくさんある端切れのなかから、好きな柄を2枚選びます。

そこへ台紙を貼り・・・

はさみで切って・・・

くるっと合わせてボンドで留めます。

貼り合わせ部分にはまた違う端切れを重ねたりして、一工夫。

男雛と女雛、それぞれの体の部分ができました。

そこへお顔と、扇子などの小道具を貼り合わせて・・・

何とも可愛らしい、何組もの内裏雛の完成です♪

そのなかから、今度は着物の柄や色を見ながら皆でバランスよく選抜隊を配置し直し、他の道具とともに3段飾りを完成させました。

それがこちら。いかがでしょう!?

 

その後、回想法でもひな祭りにまつわるさまざまな思い出が語られました。

新暦の4月3日、桃でなく桜の咲く頃にお祝いをしたという方も意外と多くいらっしゃいました。

なのでこのお雛様も、まだまだ飾っておりますので、どうぞ皆さんもデイケア室までぜひ見にいらしてくださいね♪

 

※内裏雛のデザインはこちらを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

http://pond-design.net/works/graphic/yuihina/

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

来週13日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2(あるいは第3)火曜日の午後に開催しております。

 

初めに30分ほどのミニ学習会がありますが、今回のテーマは「認知症の方とご家族のこころ模様」。

認知症の診断前、診断後、ご本人はもちろん、ご家族もさまざまな心理過程を体験します。

そうした目に見えない「こころ」の動きに焦点を当て、認知症という喪失体験について皆さんと一緒に考えていければと思っています。

 

これまで参加されている方はもちろん、初めての方もどうぞお気軽にお越しください。

お問い合わせも気軽にどうぞ。

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

※4月は都合により10日でなく17日の開催へ変更となります。大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月19日は二十四節気の1つ、雨水(うすい)でした。4日の立春から数えて15日目、空から降るものが雪でなく雨となり、氷が融けて水になる、という意味だそうです。

通所リハ「LIFE PACE」では、日付の確認のためにカレンダーを見ることが多いので、こうした季節をあらわす言葉を目にする機会も増えました。次は啓蟄、そして春分と続きます。これらは雨水よりも聞き馴染みがありますね。

春へと、一歩一歩、近づいています。

 

さて、そんな2月後半、「LIFE PACE」で実施したプログラムをいくつかご紹介します。

まず、バレンタイン・ウィークには、初めてのチョコレート・フォンデュを体験!

板チョコをパキパキ小さく折って、器に入れて温め融かす、この作業からわくわくでした♪

 

バナナやマシュマロなどをトロトロになったチョコレートにたっぷりつけて・・・

至福のとき。。

チョコレート、すっかり空になるまでいただきました(^^)

甘い香りはデイケア室の外まで届いていたようです。

 

リラックスしたコーヒータイムを過ごした翌週は、講座を実施!

皆さんの最も関心のある、もの忘れの予防について学びました。

生活習慣病の予防が、認知症の予防にもつながる、ということで、食事を始め、生活習慣の見直し。

カードを使って、朝・昼・晩のメニュー作り。カロリー計算も行いました。

回を重ねる毎に、理想のカロリー量に近づいていきましたね!

 

ほかにも、お口や体の体操、心理療法としてのグループ回想法などは毎回行っております。

これからも、メリハリのあるプログラムで、皆さんと無理なく楽しく、刺激のある時間を過ごせたら嬉しいです。

どうやらこうして外へ出て人と交流することが、何より予防になるようですよ(^_-)


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    OHCスタッフ
  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    tsubame4126

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM