こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

この5月、真夏のような暑い日が続きましたね。

体調など、崩されていませんか?

 

通所リハ「LIFE PACE」では、そんな夏日でも雨の日でも、皆さん変わらず元気に通って来てくださいました。

そして梶原診療所屋上の植物たちも、元気にすくすく育っています。

 

5月16日(火)の様子。写真では分かりにくいですが、トマトやナスの花が咲いています。

 

きぬさやも大きく育ってきました。

 

花壇全体に丁寧に水やり。花も葉も気持ちよさそうです。

 

5月18日(木)。この日はちょっとだけ植え替えも行いました。

 

 

きぬさや。おとといよりさらに背丈が伸びています♪

 

5月23日(火)。

ピーマンにも小さな白い花が1つ咲きました!

 

さて、屋上庭園からの帰り道。

前を歩く利用者さんたち、何か発見されたようです。

私も近づいてみると・・・

可愛らしい花が、こんなわずかなコンクリートの隙間から顔を出していました。

けなげな姿に心動かされつつ、また帰路につきました。

 

のんびり歩いていると、こんな素敵な発見もあります。

それをみんなで分かち合えるのもほんといいものですね。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

5月20日(土)の午前10時より、「認知症はじめて講座」を開催いたします。

当講座では、最近ご家族が認知症の診断を受けた介護者の方などを対象に、
特に認知症初期にスポットライトを当て、疾患別の特徴や経過、行動・心理症状、
介護保険の正しい知識や利用できるサービス、進行予防などについてお伝えしていきます。

 

認知症は誰にでも起こり得る、ごくありふれた身近な病気です。

とはいえ、まだまだ誤解があったり、先入観が邪魔をしたりして、診断を受けた不安や戸惑いには計り知れないものがあるでしょう。

そうした不安や戸惑いを軽減するためには、正しい理解が不可欠です。

また、介護するご家族が正しい理解を得ることは、ご本人の症状の緩和や、進行予防にもつながります。

 

「認知症はじめて講座」は3か月に1回、全てほぼ同一の内容で開催しております。

ご都合のよい日を選んでいらしていただければと思いますが、土曜日の開催は5月のみとなっております。
お仕事をしながら介護されていて平日の参加は難しい…という方は、ぜひこの回に足をお運びいただければと思います。

 

認知症についての理解は、一度聞いたからもう分かった、というものではなく、何度か繰り返し学ぶことで、また新たな気づきがあるかもしれません。

以前参加された方の再参加ももちろん可能ですし、皆で一緒に認知症を学ぶ場として、この「はじめて講座」をどうぞご活用ください。

 

5月20日(土)の午前10時〜12時、場所はオレンジほっとクリニックの通所リハビリテーション室(診察室の向かい側)、参加費は無料です。

予約制となっておりますので、ご興味のある方はいつでも当院までお気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今週の通所リハ「LIFE PACE」、種や苗を植えてから2週間ぶりに全員で屋上庭園へ足を運びました。

作業場である診療所までの往復は、ちょっとしたお散歩でもあります。

 

屋上へ着いたら、早速作業開始♪

野菜の苗、順調に成長しております。

お水をたっぷりと。

お花にもそっと優しく。

 

そして、無事に芽を出してくれたきぬさやとミニひまわりの植え替えも。

きぬさやは可愛らしいきれいな苗に成長してくれました。

ひまわりの小さな芽も、傷つけぬようそっと植え替えます。

 

この日、診療所の入院患者さんたちも顔を出してくださいました。

お1人は「LIFE PACE」の利用者さん!

久しぶりにお会いできて、嬉しかったですね♪

作業を終えて、記念撮影。

顔を出してくださった患者さん、先生方もご一緒に(^^)/

 

今後の成長も楽しみですね♪

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

新緑の美しい季節になりました。

ゴールデンウィーク、皆さんはどんなふうに過ごされましたか?

 

ゴールデンウィーク中も平日はもちろん、通所リハ「LIFE PACE」はオープンしており、皆さん元気に顔を出してくださいました。

この日は八十八夜ということで、お茶の話題や、またちょうど、こどもの日「端午の節句」の前だったこともあり、「こいのぼり」「菖蒲湯」「鎧兜」「背比べ」「柏餅」「ちまき」などなど、皆さんより次々あがるキーワードからいろんな話題で盛り上がりました。

例えば・・・

昔、皆さんの田舎では、たいていどこの家でも柏餅を手作りされていたそうで、各家によって餅の柔らかさ・餡の種類などが異なっていたこと。

使用する柏の葉を、庭の木に登って採って来るのが、こどもだった自分の仕事だったという人。

柏の葉というのは、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「世継ぎ」「家系が絶えない」ことへ結びつき、縁起がいいとされたのだそうで、そうした豆知識を提供してくださる人がいれば、自身がその家でやっと生まれた初の男の子だったことで、代々続く甲冑を身につけさせられてこどもの日に写真を撮ったという思い出を語ってくださった方も。

 

後半は、私たちも童心に帰って遊びましょう! ということで、トランプや坊主めくりなどをして過ごしました。

新聞紙で兜作りも。

こちらがより、皆さん童心に帰っていたようで。特に男性の皆さん。

リクエストされて、写真をパチリ。いい笑顔です。

 

女性の利用者さんも、昔お子さんに作ってあげていたのでしょうね、折り方を覚えていらっしゃいました。

お孫さんへと、持って帰られる方も。

 

楽しくて、もう少し遊んでいたかったです。。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

ゴールデンウィークを前に、通所リハ「LIFE PACE」では、今年も園芸活動を開始しました。

今週の火曜日はお天気に恵まれ、春らしい陽射しのもと、ちょっと紫外線を気にしつつ、診療上の屋上庭園にて半分の野菜の苗と、花を植えました。

土がふかふか、温かくて、気持ちよかったですね♪

 

木曜日は曇り時々雨の予報でしたが、何とか天気は降らずに持ってくれて、無事に屋上へ行くことができました。

残りの苗と花を植え、もともとある花壇も含めたっぷり水やり。

作業の終わった男性陣は、街を眺めながら何か語らっているようです。昔話かな?

左から、ピーマン、ナス、ミニトマト。

ナスとミニトマトは好評につき去年からの引き続き、ピーマンは初挑戦です。

この小さな苗がどこまで成長してくれるでしょう? 楽しみです♪

 

さて、デイケア室に戻ってからも作業は続きます。

空になったポリポットや、牛乳パックを利用した即席ポットに土を入れ、種植えをしました。

中には去年植えたマリーゴールドから採集した種も。上手く芽生えてくれるでしょうか?

外に出して水やり。朝顔の苗も植えました。

限られた環境のなかではありますが、どうかすくすく育ってくれますように。。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

都内では多くの桜の見ごろは終わってしまいましたが、春を感じさせる植物は数えきれないほどありますから、まだまだこの季節、存分に楽しめますね。

皆さんはどんな春を目にされましたか?

 

さて、そんな春たけなわの時節、通所リハ「LIFE PACE」では、来週より園芸活動を開始したいと思っております。

それに先がけ、先々週から先週にかけて、我々スタッフが時間の合間をみて、下準備としての土づくりを行いました。

ふるい、シャベル、軍手、ビニールシート…などなど、七つ道具を手に梶原診療所の屋上へ。

作業の手順としては、まず花壇の土を全てふるい、木の根などを取り除いた後、ビニールシートの上に広げます。

次に土に腐葉土を加え、よく混ぜ、ビニールシートに広げた状態で1〜2日干した後、再び花壇に土を戻します。

 

多年草のマツバギクの鉢をのぞき、全ての鉢が空っぽになるまでには、

強風でごみ袋がどこかへ飛んで行って慌てて回収に行ったり、

ビニールシートが破れてまたまた慌てて調達に行ったり、

何かの甲虫(コガネムシ??)の幼虫が次々出てきてその処理に困ったり・・・

といろいろありましたが(笑)、無事、作業を終えることができました(^^)/

皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

この屋上庭園が今後どんなふうに彩られるか、楽しみです♪

また随時、ご報告させていただきますね。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

今週の通所リハ「LIFE PACE」では、春らしい陽気のもと、隅田川沿いまで皆で散歩に行き、お花見を楽しみました。

空は気持ちよく晴れ渡り、「最近は出歩くのがちょっと億劫で…」とおっしゃっていた方も、そんな春の陽気に誘われるように足取り軽く、デイケア室を飛び出しました。

もちろん、ゆっくりまいりましょう。

途中の小さな公園でちょっと休憩。

何のお話をしているのかな? 楽しそう♪

70代、80代、90代の仲良し男性3人組。

こちらも話が弾んでいるところを失礼してパチリ。

さあ、そろそろまた行きましょうか。

火曜日の桜は3分〜5分咲きくらいでしたが、お天気が続いて木曜日には、7分咲きほどまで開花が進んでいました。

満開とまではいかずとも、十分に美しく、見上げる皆の顔もほころびます。

川沿いを歩くのは本当に気持ちがいいですね♪

素敵な時間を皆さんと過ごすことができました。

季節を五感で味わうことができるのは幸せなことですね。

ボランティアで参加してくださった方々も本当にありがとうございました。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

はやいもので、2017年も4月に入り、柔らかな桜色があちこちで目につくようになりました。

1年のなかで最も美しい数日間がまさに今、かもしれませんね。

 

さて、オレンジほっとクリニックでは、来週11日(火)午後2時より、定例の”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

これまで参加されている方はもちろん、初めての方もどうぞお気軽にお越しください。

 

最初に30分ほどのミニ学習会がありますが、今回のテーマは「さまざまな非薬物療法について―回想法とは?ほか―」。

非薬物療法とは、文字通り、薬物を用いない治療的なアプローチのことで、リハビリテーションや心理療法などがあります。

専門家が行うものを主に言いますが、生活のなかに取り入れることのできるレクリエーションのようなものまでさまざまですので、日常でも用いられるような工夫やヒントを散りばめながら、お話させていただければなと思っております。

 

お問い合わせも気軽にどうぞ。

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけると助かりますが、予約なしに当日ふらりと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

今週の通所リハ「LIFE PACE」では創作活動を行いました。

実施したのは、この寂しい冬枯れの木に、花を咲かせる作業です。

 

色紙や千代紙を折り、それを花びらの形に切って開いたり、

白い紙を花形に切ったものに色をつけたり、

まずはできるだけたくさんの桜の花を作成。

特に楽しかったのが、丸めた布に絵の具をつけ、ポンポンとたたくように色をつける作業。

力加減や色の混ぜ具合によって、いろんな味わいが出るのです。

最後は完成した花々を、それぞれ好きな場所にどんどん貼って行き・・・

 

桜の木が2本、 満開になりました!

まるで夢の国、おとぎの世界の桜のようですね♪

上が火曜日、下が木曜日の作品。

 

まだまだ咲いております。

いつでもDC室へお花見にいらしてくださいね。

こんにちは、臨床心理士の柴です。

 

先週21日、気象庁が全国に先駆けて都内の桜の開花を発表し、以来、三寒四温を繰り返しつつも、あちこちでちらほらと桜の花が目につくようになってきました。

通所リハ「LIFE PACE」でももちろんお花見を計画しております。

 

先日、花見に行く場所の下見をしてきました。

今回は遠出はせず、散歩がてら、歩いていける距離のところを予定しております。

まだまだ花はありませんでしたが、枝々に、さあ咲くぞ、というような息吹を感じました。

本格的なお花見シーズンももうすぐですね。

 

さて、その帰り道、薄日射すアスファルトの路上に、猫を発見。

2匹で気持ちよさそうに寝ています。

少し近づいて思わずパチリ。

びくともしないのでどんどん近づいて・・・

ほとんどかぶさるようにかなり接近しましたが、ちらとも目を覚ます気配なく・・・

 

ほかにもたくさんの猫に出会い、

 

のどかな午後のひとときでした。 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    OHCスタッフ
  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    tsubame4126

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM