こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

通所リハ「LIFE PACE」では、スタッフが日々、さまざまなプログラムを考案中ですが、先日はこんな手作りゲームを行い、大好評でしたのでご紹介します!

初めに1人1匹ずつ、折り紙で魚を作ります。

その魚に輪っかをつけて・・・

スタッフがあらかじめ作成したさまざまな魚(ペンギンやカエルも混じっていますが・・・)とともに、池に見立てた場所へ放します。

それを1分間でどれだけ釣れるか・・・

個人戦と団体戦を行いました!

釣りにくい小さな魚ほど高得点なのですが、皆さん大物狙いが続きます(笑)

それにしても皆さんの釣り糸の先に込める集中力たるや!

ほどよい緊張と、釣れたときの気持ちよさ。

魚を逃がしたときのがっかりと、大笑い。

釣った魚を針から外すのを隣の人が手伝ってあげたりして、その連帯感。

チームが勝利したときの喜びや、ねぎらいや、相手をたたえる拍手など、みんなで遊ぶことの良さがいっぱい詰まった楽しい時間でした。

 

今度は何して遊びましょう?

今からわくわくしますね♪

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

台風一過の猛烈な暑さの続いた今週火曜日、通所リハ「LIFE PACE」では、梶原診療所屋上にて今年最後の園芸活動を行いました。

 

それから遡ること約1ヶ月前、園芸活動でも毎年一番のお楽しみである、収穫物を使っての調理を行いましたので、今回はそのご報告です。

 

今年度挑戦したのはピザ!

まずは屋上で収穫した野菜やハーブの下準備。

枝豆やミニトマト、パプリカ、バジルなどを使用します。

発酵の必要な生地の準備も早めに…。

そう、生地も粉から作ります。きっちり量ってしっかりこねました。

生地を寝かせている間に、ピザソースや具の用意。

ピザソースはミニトマトとバジルのみを使って、塩コショウで味付け。

じっくり煮込みます。味見するとこれが酸味と甘みのバランスがよく、最高に美味しい!

下準備が全て済んでからは、体操をしたり、歌をうたったりして、生地が発酵するのを待ちました。

さてさて、生地がふくらんだら、いよいよピザを焼きます!

みな思い思いに生地をのばして、好きな具をのせました♪

獲れたての枝豆やパプリカ、バジルのほかに、ハムやシラスもトッピング。

その上にチーズをたっぷりのせて。

蓋をして、チーズがとけるまで焼いたらできあがり!

ハーブティーとともに、いただきます。

ピザは初めて作りました、という方が多く、「美味しい!」と思わず何度も言い合いながら、新鮮な具材を使った焼きたてを堪能しました。

本当に楽しいひとときでしたね♪

 

そして今週、園芸も最後の片づけをして、終了となりました。

残暑の中をありがとうございました。

来年は何を植えて、何を作りましょうね? 考えるのもまた楽しみです。

本当に皆さん、お疲れさまでした!

こんにちは。臨床心理士の藤島です。

 

この度、オレンジほっとクリニックでは認知症多職種カフェ「けあとも」をオープンします。

認知症者の医療や介護に携わる様々な職種の方のための、開かれた場です。

 

分かっていてもうまくいかない認知症の医療・介護。

認知症診断、治療、ケアには悩みがつきものです。

  自信はないけれど、ニーズがあってやっていること、これでいいんだろうか?

  みんなはどうしているの?

みんなで日頃の疑問を持ち寄り、職種や職責の壁を越え、知恵を出し合ってみませんか?

 

最新の認知症医療・介護のレクチャーも同時開催!

予約不要で気軽にご参加いただけます。もちろん参加費は無料です。

 

日時: 毎月第3水曜日 18:30〜20:00 (18:15 受付スタート)

場所: 北区堀船3-31-15 東京ふれあい医療生協ビル

     在宅総合ケアセンター1階 ふれあいセンター

 

記念すべき第1回は9月18日

気になるテーマは・・・

<北区認知症者支援 多職種カフェ・研修会キックオフミーティング>

「認知症について語りたい人、学びたい人集まれ!」

〜今、多職種カフェが何故必要なのか。認知症者の暮らしの現状と課題とは〜

 

<みんなが主役!語ってみよう!>

「認知症の医療、介護の課題 私はこう思う!!」

 

たくさんの方のご参加をお待ちしております。
 

なお、こちらの多職種カフェは認知症者の医療・介護に携わる様々な職種の方が対象です。

認知症当事者の方やご家族の方のご参加はご遠慮いただいておりますので、

何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

お問合せは、オレンジほっとクリニック03-3911-2661(担当:住井/中塚)までお気軽にどうぞ。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月10日、来月8日(ともに火)午後2時より”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

 

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

なお、今年は今月と来月のほか、12月10日の開催を予定しております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

まだまだ盛夏!といった日々が続いていますね。。

夏の風物詩といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?

スイカ、朝顔、浴衣、海水浴、風鈴、蚊取り線香、蛍、金魚すくい、かき氷、ところてん…

 

通所リハ「LIFE PACE」では、その時期ならではのプログラムを盛り込み、季節を皆で感じ、味わい、楽しんでおります。

さて、今回は…?

7月、まだ梅雨のさなかに取り組んだプログラムをご紹介します。

皆さん、集中しているようですが、何をしているのかな?

手元を覗いてみましょう。。

波線…?

〇△×◎□…?

どうやら細長い紙に何か模様を描いているようです。。

それを今度はジャバラに折って…

くるっと回して貼り付ければ・・・

もう分かりましたね?

夏の風物詩、花火の出来上がりです!

しばらくデイケア室に貼ってあったこの絵。

河原で夕涼みする人々が見上げる空に・・・

こんなにたくさんの花火が打ちあがりました!

デイケア室は今、毎日花火大会です♪

自由にご観覧くださいね(^^)

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月13日(火)の午後2時より、「認知症はじめて講座」を開催いたします。

当講座では、最近ご家族が認知症の診断を受けた介護者の方などを対象に、特に認知症初期にスポットライトを当て、疾患別の特徴や経過、行動・心理症状、介護保険の正しい知識や利用できるサービス、進行予防などについてお伝えしています。

 

認知症は誰にでも起こり得る、ごくありふれた身近な病気です。

とはいえ、まだまだ誤解があったり、先入観が邪魔をしたりして、診断を受けた不安や戸惑いには計り知れないものがあるでしょう。

そうした不安や戸惑いを軽減するためには、正しい理解が不可欠です。

また、介護するご家族が正しい理解を得ることは、ご本人の症状の緩和や、進行予防にもつながります。

 

「認知症はじめて講座」は年に4回、同一の内容で開催しております。

皆で一緒に認知症を学ぶ場として、この「はじめて講座」をどうぞご活用ください。

 

予約制となっておりますので、ご興味のある方はいつでもお気軽に当院までご連絡ください。

参加費は無料です。

皆さまの参加をお待ちしております。

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

先月の29日、ようやく梅雨が明けました。

例年より8日遅く、去年よりは30日も遅い梅雨明けだったそうです。

待ちに待った梅雨明けでしたが、途端に連日のこの暑さ!

日々、熱中症対策に余念がありません。

 

そんななか、通所リハ「LIFE PACE」にて利用者の皆さんと育てております野菜たちが大きく育って、私たちの目や舌を楽しませてくれています♪

記念すべき7月25日には、ミニトマトと赤いパプリカ、初収穫です!

ハーブもぐんぐん育って、力強い、いい香り♪

枝豆はあとちょっと。

梅雨明け翌日の7月30日にも、ミニトマトがたくさん獲れました。

今度は黄色いパプリカも(^^♪

フウセンカズラも実をたくさんつけました。こちらは食べられませんが、紙風船のようなかわいい袋状の果実が目を楽しませてくれます。

そして本日、8月1日には、一番楽しみだった枝豆を初収穫!!

茹でてほんの少し塩を振り、獲れたてを早速皆で味見しました。

新鮮な、濃い味わいでしたね(^^)

これでビールがあったら最高…という声があっちからもこっちからも…(笑)

 

野菜たちのみならず、利用者の皆さんも暑さに負けず、元気に過ごしております。

この夏も楽しく、さまざまな活動をしていきたいですね!

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

梅雨がなかなか明けません。

青空の恋しい今日この頃。。

 

さて、通所リハ「LIFE PACE」にてプログラムの一環として行っております園芸活動。

梶原診療所の屋上庭園で育つ野菜や花たちの成長はいかに。

先週、梅雨の合間を縫って利用者の皆さんと一緒にその成長ぶりを見に行きました。

6月のブログでご報告したときの写真と比べて見ていただきたい!

種類によって差はあれど、大きく育ってくれています♪

お花とハーブの寄せ植えをした鉢。

レモングラスにアップルミント、バジル…。とってもいい香りがします♪

花々の鮮やかな色にみんなうっとり。

朝顔もきれいに咲きました。

トマトの実もすごい!

色づく前の青いトマトがたわわに実っています。

こちらは枝豆。ほらここ! とちっちゃな鞘をいくつも発見!

こちらは朝顔とフウセンカズラとカボチャの寄せ植え!

何を見ているのかな?

木曜日参加の仲良し3人。

こちらは火曜日の風景。手入れも済むと皆さん思い思いに過ごされています。

はーい、では皆さん、こちらへ集合!

空はぱっとしない梅雨曇りでしたが、皆さんの笑顔はとっても晴れやか。

今日もいい一枚が撮れました♪

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

7日は七夕でしたね。

小さい頃からの習性で、この日は特にお天気が気になります。

今年もやっぱりぐずついた空模様でした。

梅雨であるこの季節、どうしても雨が降ることが多く、あーあ…と思いがちですが、韓国では七夕の夜に雨が降ると、織姫と彦星が無事再会できたことを喜んで流す涙の雨だととらえるのだそうです。

それを知ると、雨が降るもよし、とちょっとほっとしますね(笑)

 

さて、先週の通所リハ「LIFE PACE」では、この季節ならではのイベント、七夕の飾り付けを行いました。

短冊に願い事をしたためた後は、折り紙を使って様々な飾りの作成。

指先やハサミを使っての細かい作業ですが、さすが皆さん、次々と作ってくださいました。

それらを、ご近所の方にわけていただいた(ありがとうございました!)、笹(のような植物)に飾っていきます。

「子どもの頃以来だよね〜」なんて言いながら、大人もこういうの、楽しいものです♪

また、かつて図書館の司書をされていたMさんが、紙芝居の読み聞かせをしてくださいました(我々スタッフの急なお願いにも少しも動じることなく!)。

先に韓国の七夕にまつわる言い伝えを少しご紹介しましたが、こちらは中国の伝統的な物語。

Mさんはオート三輪に本を積んで村々をまわる、移動図書館でも絵本や紙芝居の読み聞かせをしていたそうで、そんな現役の頃を彷彿とさせる、見事な朗読でした。

皆、七夕の美しい物語にうっとりと聞き入りました。「からりんとーん、からりんとーん」と、織姫が機を織る音が空から聞こえてきそうです・・・

 

天の川が確認できるような満点の星空を最後に見たのはいつだったでしょう?

見えないけれどそこにある。晴れた日には夜空を見上げてみましょうか。

梅雨明けはまだ少し先のようですが・・・

こんにちは、臨床心理士の柴崎です。

 

今月9日(火)午後2時より、”介護者ほっとステーション”を開催いたします。

”介護者ほっとステーション”とは、認知症の方を介護されている方々が気軽に集まって、お茶を飲みながらおしゃべりをしたり、情報交換をしたりする、介護者のためのサロンです。

3ヶ月に2回のペースで、第2火曜日の午後に開催しております。

 

参加人数の把握のため、事前にご連絡をいただけますと大変助かりますが、予約なしに当日ふらっと寄っていただいてもかまいません。

ぜひ、ほっと一息つきにいらしてくださいね。

お茶とお菓子を用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    OHCスタッフ
  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    tsubame4126

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM