久しぶりの投稿になってしまいました。
作業療法士の野尻です。
本日の通所リハの様子をご報告します。

プログラムは「ベビーカステラ作り」です。

出店でよく見かける懐かしいベビーカステラ…
たこ焼き器を使って皆で作ることになりました。


まずは、皆で近くのお店へ買い出しに。
リーダーのAさんが買い物リストを確認しながら、皆で協力して品物を探しました。
男性のBさんは率先して、荷物持ちをしてくださいました。
自然な役割分担は、ほほえましい光景です。

材料を手に、調理手順を確認。実際に調理開始です!

ここでもリーダーAさんは大活躍!!
「挑戦しないとね!」と皆さんに声かけをしながら、率先して生地流しをしてくださいました。
生地を返すのも積極的に挑戦!






遠目に見ていた方も、最後の一つだけは、返すのに挑戦。
利用者全員が参加して、ベビーカステラを完成させました!!
一人では難しいことでも、協力したり、他の方の頑張りを見て自分も頑張ってみようと思ったり…
相乗効果が生まれます。

完成後は、紅茶と共に茶話会を。
「甘さがちょうどよいね。」「きれいにできたね。」などそれぞれの思いを口に、おいしくいただきました♪

遂行機能障害(実行機能障害)があると、計画を立てたり、順序通りに効率よく物事を行ったりすることが難しくなります。
しかし、それぞれの得意を活かして、苦手を補いながらであればできることの可能性は広がります。

これからも通所リハ LIFE PACE では、皆さんのまだまだできること、やってみたいことを支援していきたいと思います。

こんにちは、臨床心理士の望月です。

今回は当院入り口の施錠に関してお知らせいたします。

当院は旧梶原診療所建物内1階に位置する場所にありますが、
患者様および利用者の皆様には、裏側にあります扉での出入りをお願いしております。
旧梶原診療所の裏手に回っていただくと小さいながらも看板が出ておりますが、
こちらの扉が診療時間外には施錠されております。





診療時間外で当院に御用の方は、
向かって右側に設置しておりますインターフォンを押し、
お名前とご用件をお伝えください。



お手数をおかけしましてまことに恐縮ですが、
ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

オレンジほっとクリニック スタッフ一同

こんにちは、臨床心理士の望月です。

ここ最近、火曜日にお天気の日が少なく、
なかなか火曜日メンバーさんは外出できずにいたのですが、
先日ようやく晴れたので、尾久の原公園まで外出してきました。

晴れ・・・を通り越して、夏日な一日で暑いくらいでしたが、
皆さんで輪になりキャッチボールをしながらしりとりをしていくという、
頭も身体も使うゲームで楽しい時間を過ごしました。



お昼も近い時間だったので、
途中からは、大福、ビール、小籠包、銀しゃけ、しょうが焼きなど
食べ物しりとりになっていきました(^^;)

また、日陰で涼しそうに休まれる方も♪


思い思いに楽しい時間を過ごせて、利用者さんの表情もとても楽しそうでした☆
今度はどこに外出しようか、スタッフで考え中です♪

こんにちは、臨床心理士の望月です。

今日は通所リハLIFE PACEで行っている脳トレを紹介します。
脳トレといいましても、それ自体が苦痛になってしまうと、何の意味もありません。
大切なことは、楽しく取り組めること!
LIFE PACEでは、何か決まったことをやるというよりも、
その時々の皆様の様子などに合わせて、色々な脳トレを実施しています。

先日はことわざカルタとリレーしりとりをしました。

ことわざカルタでは、皆さんかなり真剣でした。
思わず立ち上がり、ものすごい勢いで札を取る方もちらほら。
皆様の負けん気の強さを感じます!





リレーしりとりでは、チームで協力し、
ホワイトボードに書きながらしりとりをしていきました。
口で言うだけよりも、この方が身体も使うので皆さんも一生懸命です。




これだけの作業のように見えて、意外と疲れます(笑)
今後も、色々な脳トレを考え、実践していきたいと思っております。

こんにちは、臨床心理士の望月です。

北区や荒川区にお住まいの方々は、尾久の原公園ってご存知でしょうか。
隅田川沿いにある広々とした公園で、園内には枝垂桜の木がたくさん植えられております。

先日は、マイクロバス乗り込んで、この公園まで遊びに行きました。
診療所からですと、車で10分ほどの距離にあるのですが、
利用者の皆様は意外とこの公園のことをご存知ありませんでした。

当日は晴天に恵まれ、やや暑いくらいでしたが、
皆さん気持ちよさそうに日向ぼっこしております。



こちらの元気チームは、バレーボールで汗を流されたようです!



みなさん、外出プログラムの際には本当にいい表情をされています。
なかなか、お一人では難しくなってきた外出だからこそ、
こういう場を活用して積極的に取り入れていきたいものですね。

こんにちは、臨床心理士の望月です。

4月第一週のLIFE PACEでは、お花見に行きました!
クリニックから歩いて程近いところに隅田川が流れており、
その川沿いが整備され、桜並木になっているのです。
ほぼ満開の時期に見に行くことができたので、
利用者の皆さんもとても嬉しそうな表情を浮かべておりました。



全員で桜の大木をバックに記念写真も撮り、
後日印刷したものを手渡すと、
「額に入れて飾らなきゃ!」
「仏壇に供えなきゃ」
とおっしゃってくださり、とてもよい思い出になりました。

スタッフも、仕事中とはいえ、週に何度もゆっくりと桜を見ることができ、
とてもリラックスすることができました〜。

北区の桜の名所といえば飛鳥山ですが、
この川沿いの遊歩道も、人が少なくお勧めです☆

こんにちは、臨床心理士の望月です。

先日、とある方から、
「どうしてオレンジほっとクリニックっていう名前なんですか?」
とご質問を受けました。
確かに、当クリニックの名前の由来を皆様にお伝えしていなかったなと思い、
今回は、名前の由来をご紹介しますね。

新たなクリニックを作るにあたり、
スタッフ全員、頭を抱えた問題の一つが名づけです。
名前は永年残り続けるものであり、当クリニックの機能を端的に表している必要があり、
親しみやすいものがよいというのがスタッフの総意でした。

まず”オレンジ”は、オレンジプランからきています。
オレンジプランとは2012年に厚生労働省が発表した認知症五か年計画の通称です。
認知症対策の国家戦略とも言うべきもので、最近新オレンジプランが発表されました。
当クリニックは認知症専門外来を有しているため、
この”オレンジ”を使おうということになりました。

”ほっと”は、読んで字のごとく、いらした方々がほっとするクリニックを作りたい
というスタッフ全員の想いが込められております。

こうして、”オレンジほっとクリニック”が誕生したのです。
また、オリジナルロゴである「ほっとちゃん」は、
私、望月がちょっとした思いつきで提案し、適当に作成したイラストが、
あれよあれよという間にオリジナルロゴとして定着しました。
          
また最近では、当クリニックに新たなゆるキャラも誕生しました!
クリニック内のどこかに掲示してありますので、
いらした方は是非見つけてみてくださいね♪

 

こんにちは、臨床心理士の望月です。
気付けば4月に入っており、新年度が始まっていました。

オレンジほっとクリニックでは、
これまで大変活躍してくださっていたケアワーカーのスタッフが一人、
ご自身の夢を叶えるべく、3月末をもって退職されました。
抜けた穴を埋めるのは大変ですが、少数精鋭で日々頑張っております!
                  
          

さて、先日通所リハ「LIFE PACE」に、
当クリニックからほど近いところにある精神科クリニックに勤務されている
臨床心理士さんと精神保健福祉士さんが見学に見えました。
その方々から後日、

”スタッフの方ものびのび参加してらして、とてもよい雰囲気でした”

というような内容の感想を頂戴いたしました。

確かに振り返ってみると、我々スタッフもまた、
いち参加者としてのびのび過ごさせて頂いているなと思います♪
通所リハでは毎回、始めの方に体操の時間を設けており、
全員で声を揃えてストレッチをしておりますが、

なんということでしょうびっくりびっくりびっくり




スタッフ達は独自の動きをプラスし、「ヨガのポーズです〜♪」と楽しんでおります暑い

スタッフも自然体で楽しんでいるからこそ、よいグループが運営できるのかもしれませんねほのぼの

こんにちは、臨床心理士の望月です。

通所リハ「LIFE PACE」では、定期的に回想法を実施しております。
回想法という言葉を初めて耳にする方も多いかと思いますが、
アメリカの精神科医によって確立された、高齢者を対象とする心理療法のことを指します。

以前は、高齢者が思い出話を語ることは、
過去に執着するという意味でネガティブに捉えられがちでしたが、
昨今では高齢者の思い出に対して“よき聞き手”といわれる存在が
共感的に受け入れる姿勢をもって傾聴し働きかけることで、
高齢者ご自身の人生に対する再評価や自己像の強化を促し、
心理的な安定をはかるものとして捉えられるようになってきました。
メディアなどでも多数取り上げられ、
医療機関や介護保険施設など様々な場所において実践されているのです。



回想法では毎回ひとつテーマを決めて話を始めてもらいます。
先日は、「○○からの卒業」というテーマに設定しましたが、
利用者の方々が口を揃えておっしゃっていたのが、
「物忘れからの卒業」でした。
皆さん、少しずつ忘れっぽさがひどくなっていく感じや、
これまで通りに物事を進めることができなくなってきた変化を日々体験しておられ、
一見は元気そうに見えても、
精神的には不安定な状態にあるのだと感じられました。

また、
「自分がこれまでやってきたことの恩を感じてもらいたい」と率直な思いを述べられる方や、
「自分も多くの人の助けに支えられた。自分の誰かのために何かを残したい」
「人は一人では生きられない。社会の中で育てられている。だから、今度は自分が社会に貢献したい」
と、今もなおご自身の役割を模索し、何かをしたいという思いを抱いているお気持ちも拝聴しました。

最後には我々スタッフに対しても、
「人を判断する際に、学歴や職業だけじゃなく人間性を大切にしてほしい」
「袖振り合うのもなんとかの縁っていうでしょ。そういう思いやりを持ってもらいたい」
とメッセージも託してくださいました。

ただ思い出話をするだけではなく、その裏に隠された率直なお気持ちを聞き、支え、
これからを生きていくエネルギーに変えてもらう。
回想法を実施し、利用者さんからのお話を聞くことで、
我々スタッフもまた成長させられているのでした。



 

こんにちは、臨床心理士の望月です。
少しずつ暖かくなり、桜もそろそろ咲いてくるような時期になりました。
通所リハ「LIFE  PACE」でもお花見を予定しているので、
今からワクワクです♪

3月第2週の活動では、全員でマイクロバスに乗り、
西ヶ原にある地震の科学館に行ってきました。
ここでは、地震体験や煙体験、消火器の模擬使用など色々な体験ができます。



皆さん、熱心に話を聞き入っております。






地震被害を受けたキッチンを再現した展示では、
「こわいわねぇ」「全部出てきちゃってるわね・・・」「これじゃ火事になっちゃうわ」
などの感想が聞かれ、皆さん地震の怖さを実感しておられるようでした。



スタッフも、いざという時のために真剣です!



ボランティアさんやドライバーさんまでもが参加し、
全員で消火器の使い方を今一度確認しました!


備えあれば憂い無し、ですね!


 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    OHCスタッフ
  • ひな祭りは和菓子とお薄で♪ 通所リハ「LIFE PACE」より
    tsubame4126

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM